イルミナティ.com
スポンサーリンク2

◆イルミナティ
 第三次世界大戦 繰り返される愚行


ここでは、第三次世界大戦について、まとめています。

まず、衝撃的な動画を見てみましょう

●人類の繰り返される大量殺人という愚行

どうでしたか、何かに気づきませんか?


繰り返される大量殺人を正当化する為に
色々な理由が使われてきました。

しかし、なぜ大量殺人を戦争と言うと合法化されてしまうのでしょうか?


確かに、過去には、回避できないものがあったかもしれません。

だからといって、今後も同じことを繰り返していくのでしょうか?


人類の大量殺人は、いつも一部の権力者が
それを正当化し、大衆は、まんまと騙され
いつも殺されるのは、大衆であったといえます。


もし、過去に すべての大衆が
争いも 殺戮も 戦争も 放棄したら、
そのような自体は、回避できたのではないでしょうか

なぜなら、
理由があれば、殺してもいいという発想が認めれられないのは
放置国家では、どんな理由があっても殺人は、罪に問われる
それ以上説明する必要ないことが、法律が示しているのではないでしょうか

それが、個人同士ではなく 国家同士なら 許されるのでしょうか?

もし、戦争が起きれば、争いに巻き込まれ
真っ先に、死ぬのは、あなた達民衆であり 
権力者ではないということを忘れてはいけません。


偉そうに 正しいかのように 戦争を支持する あの有名人達も
真っ先に、戦争の最前線に自分がいき 家族も行くのでしょうか?

原発の事故ですら、あの有名人達は、
真っ先に、家族たちを 疎開させたり海外に移住させたりしていたのです。
行動が全ての事実を語っています。

確かに、理想論かもしれません。

しかし、そういった理想を目指したりすることで、
人類の文明は発展してきたのではないでしょうか

実際に、理想論という人達の気持もわかります。
確かに、他の民族を家畜のように発想する人達もいます。

しかし、争いを一度でも始めれば
先ほどの動画のように2000年以上続く争いに加担する悲劇の始まりです。


人間は、それほど愚かなのでしょうか?

あなたも それほど愚かなのでしょうか?

そんなはずは、ありません。

カルト思想から、脱却した思想により科学は発展し 文明は発展した

カルト宗教による科学への妨害に負けることなく


それと同じように

繰り返される人類の愚行にも
 終止符を打つことはできるのではないでしょうか


なぜなら、つい最近まで、黒人差別が公の場で行われてきたのです。
人種差別が、第二次大戦前まで、国単位で、合法的に行われてきたのです。

第三次世界大戦前の、
アジアの植民地で、現地の人達が、奴隷として扱われ

今は、直接的な支配からは、開放されているのです。


国家 政治家 政府 が 変わらくても

すべての民衆 すべての人類が放棄すれば それは起こせないのです。


そして、戦争は、人口削減でしかなく、
一定の人間は、生きてもらわないと困るということ

だから、無差別的に、全員を殺すことはできないのです、

なぜなら、もしそのようなことをすれば
支配者である、国家 政治家 政府などの富裕層は

彼らが、肉体労働をして農業するはめになり
豊かな暮らしができないのです。

彼らが、豊かな生活をするには、
直接的奴隷 または、経済的奴隷が必要なのです。


そして、それがわかると、なぜ、戦争が起きたかもわかります。

人が多すぎることへの恐れです。

彼らは、圧倒的少数で、世界を支配しています。

常に、本当は不利なのです。

そして、あまりにも人が多いと 支配管理ができなくなる

そういった事実を過去6000年あまりの歴史で学んでいるからです。


そして、こんにちまで、起きた 
世界大戦は、まさに計画されたものだった
そして、三回目までも その書簡には、計画されているのです。

それを阻止するには、
すべての民衆 すべての人類が放棄すれば それは起こせないのです。

それを忘れないでください。


そうすると、他の民族のフリをした連中(C民族)や売国奴が

A民族 B民族 のふりをして

いつも戦争を起こさせていることがわかるでしょう。



争いごと を決めているのは、どこですか? 誰ですか?


A.民衆が、戦争をしたいと願ったことは、ありますか?

B.それとも権力者が、
 建前➖戦争しなければいけない
 本音➖戦争をしたいしたいといっているのですか?


あなたは、何かに気づいたでしょうか?
 あなたの感想 お待ちしております。



 

copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.

◆◆◆

世界恐慌 現代版魔女狩り イルミナティー.com
Topページ
第三次世界大戦
前のページ
 
第三次世界大戦
次のページ
 
 第三次世界大戦
Topページ

◇◇◇



※イルミナティー.comは、小説の内容でもあり、
あくまで、個人の見解であります。
ご判断は、各個人の自己責任においてお願いします。

登場する人物 団体は、仮名になっており、
実在する場所 物 人物 団体とは、関係ありません。

また、不適切な表現の指摘 権利者による消去依頼などは、
お問い合わせからご連絡ください。

自己責任の上で、利用規約に同意した上で、サイトを観覧してください。
  copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.