イルミナティ.com
スポンサーリンク2

◆イルミナティ
 第三次世界大戦


西暦1857年に、
秘密結社イルミナティの最高幹部(最高位33階級)にまで登り詰め、
「黒い教皇」と呼ばれるようになった。
かの有名な、差別を繰り返した  の影の創始者でもある。

正確には、イルミナティ13家系が、本当のイルミナティのボスですが
イルミナティの部下として、認識して、
イルミナティの工作を行う組織のボスと言っていいでしょう。


西暦1871年
このイルミナティ13家系の工作組織の3代目ボスが、
2代目に送ったと言われている手紙には、
「世界を統一するために今後3回の世界大戦が必要だ」
 と書かれていたというのです

1回目は、ロシアを倒すために、

2回目は、ドイツを倒すために

3回目は、
シオニン と スラ教が、お互いに潰し合い 
それによって、世界の国々を戦争に巻き込み、
それをキッカケに、最終戦争を起こし 
 アルマゲドン に結びつけると書かれていた。


そして、歴史を振り返ると


第一次世界大戦は、
ロシアを破壊し、
ロシアをイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために、
大量の工作員を送り込んだ。

これは、ロシアを支配する目的ではなく
ロシアを、イルミナティの目的、新世界秩序の計画を進める為の代理役にした。

これによって、イルミナティは、絶対に批判を受けることはなく
またしても、影の中に影を作り 存在を消しながら 影の支配者となった。


第二次世界大戦は、
シスの迫害と大量虐殺によって
パチナ地方に、ユヤ人国家 すなわち イス国家を建設する為に起こした。
人々の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。



第三次世界大戦は、
シオン と アラ が、喧嘩を起こすように
イルミナティ・エージェントが引き起こし

それは、正当な理由であるかのように見せかける為に、
意見の相違によって起こす。

その理由は、それが、やがて、戦争の引き金なったと、
世界の人々が、思うからである。

実際には、どちらの国も先制攻撃をしておらず
実際には、イルミナティエージェントが、テロ行為を行っただけである。

それを示すかのように
最近、起きた、報道では、独裁国家の開放という名目の侵略の後

なぜか、国際機関が、監視しているなか
大量の人 ひとりで使用できる、
大量の小型核兵器が、盗まれるという報道が、2カ国で、報道されている。

これは、イルミナティエージェントと達が盗んだに違いない
そして、これによって、世界的は、戦争に巻き込まれ


全ての宗教と無神論という2つの思想を破壊した後に、

あたかも救世主が、登場したかのように演出し

彼らによって、世界統一政府 と 新世界秩序 が完成される。


この手紙が書かれたのは、西暦1871年8月15日
この時、まだ
第一次世界大戦(西暦1914年勃発)
第二次世界大戦(西暦1939年勃発)

どちらもも起こっていなかった。
世界が教える歴史では、これらは、偶発的に行ったと教えている。
いかに、教育というものが、洗脳する手段に使われているか理解できる。


更に、現在周知の事実となった、驚くべき事実がある。
APは、革命運動を起こしイタリア統一した

その事によって、
イタリアの権力者は、イタリアの領地から得ていた収入を絶たれる

この状況を助けたのが、ロス家
そして、イタリアの権力者は、RS家の下僕となった。


そして、この革命運動は、
世界に広がり 同時に 世界に全体主義者の組織Kを作った。

それを証明しているように
第二次大戦では、東側にも西側にも Kのスパイだらけだった。
それは、現在の表の歴史上でも、公の事実となっている。

東側では、完全に幹部の全てが、Kのスパイになっており
西側では、戦後に、当時財務省のNo2までが、Kのスパイと判明した。

ベナノ文章
その事件は、ソ連共産党のスパイがアメリカに入り込んでいた。
西暦1940年から西暦1948年の間で
アメリカとモスクワの間で、謎の暗号電波が観測されています。
アメリカは、これを37年かけて解読しました。
解読できたのは、西暦1980年
この文章は、最近になって、CIのホームページで公開されているようです。

これによると、日米開戦前に、
300人の共産党スパイがアメリカ政府にいたというのです。
表向きに公開されているに当時財務省のNo2まで、がスパイとなれば
公開されていない、また判明していないスパイは、
もっと上のクラスにいても不思議ではありません。

この事から分かるのは、



実際には、ソ連もそもそも、スパイが送りこまれており
アメリカに送りこまれたのは、ソ連からのスパイではく
ソ連のスパイのフリをした、イルミナティの工作員だったという事です。

まさに西暦1871年にかかれていた書簡の最初の作戦である
ロシアを、イルミナティの目的、
新世界秩序の計画を進める為の代理役にして、
それを第二次世界大戦で利用したという事です。


また、これらの事から、わかるよに
彼らは、いつも両側に、支援をして、
争いを起こさせては、その争いによる利益を得て

そして、勝った者達と、植民地支配の権利による利益を得る

そういった方法を、何千年と繰り返しています。

逆にいえば、
何千年と繰り返される、歴史で教えられる人類の過ちを発生させているのは
そして、支援しているのは、彼ら、イルミナティです。

権力者の 世界は、オレのものという思考によって、過ちは繰り返されています。

個人主義 自由主義 共和制による憲法によって
集団主義によっても、権力者に権力を持てない法律作る事です。

そして、何より、イルミナティによって起きる争いをやめることです。

争わず、争いに焦点を合わせて集中するのをやめて

人類が、地球人が、
お互いの地域が、相互利益を得られることに焦点をあわせ集中するべきなのです。

誰も、自分の愛する人が、 愛する家族が、愛する子供が

争いに巻き込まれて、タヒぬのは、誰ひとりとして望んでいないのです。

それは、争わなければ、いいだけなのです。


そして、気づいてください。

争いごと を決めているのは、どこですか? 誰ですか?

民衆が、戦争をしたいと願ったことは、ありますか?

それとも権力者が、
建前➖戦争しなければいけない
本音➖戦争をしたいしたいといっているのですか?


あなたは、何かに気づいたでしょうか?
 あなたの感想 お待ちしております。



 

copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.

◆◆◆

世界恐慌 現代版魔女狩り イルミナティー.com
Topページ
第三次世界大戦
前のページ
 
第三次世界大戦
次のページ
 
 第三次世界大戦
Topページ

◇◇◇



※イルミナティー.comは、小説の内容でもあり、
あくまで、個人の見解であります。
ご判断は、各個人の自己責任においてお願いします。

登場する人物 団体は、仮名になっており、
実在する場所 物 人物 団体とは、関係ありません。

また、不適切な表現の指摘 権利者による消去依頼などは、
お問い合わせからご連絡ください。

自己責任の上で、利用規約に同意した上で、サイトを観覧してください。
  copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.