イルミナティ.com
スポンサーリンク2

◆イルミナティ
 子宮頸がんワクチンの矛盾


あなたを守る為
 あなたの家族を守る為
  あなたの大切な人を守る為に

◆少女に摂取させる意味は?
子宮頸がんワクチンが効果がると確認されているのは、23歳まで

このワクチンの効果が確認されている期間は最新データで9.4年
12歳から16歳の少女に強制的に、摂取しようとしていますが
24歳までの死者数はゼロです。

ということは、このデータから、
少女達に、このワクチンを摂取させるのは、
無意味と言えるのではないでしょうか

少女達に発生した、副作用では、歩行困難になっているものが
ツイッターなどで、
とても苦しい人生になった体験談が、
とても胸を痛める現状があります。


◆大人の女性23歳が摂取する意味
そして、子宮頸がんワクチンが効果がると確認されているのは、
23歳までということで
ワクチンの有効性期間が約10年としても
34歳までの死者も日本全国で年間わずか87人しかいません

現状、重症な副作用を発祥してしまった人達が、
報告されているだけで
約900名以上を超えているということからも

年間87人 : 年間ワクチンによる重症な副作用人

で、考えた時、

かなり疑問であり矛盾しているのではないでしょうか


参考情報元
サルでもわかる子宮頸がんワクチン

本来の表現:重症→重篤



◆不思議な国の対応

◆日本では2009年10月に承認され、
今年4月1日からは、
小学6年生から高校1年生相当の女子を対象に、
定期接種として推奨されているこのワクチン。


◆2013年06月14日 1
厚生労働省の専門家検討会は
「子宮頸がんワクチン」の副反応(副作用)問題で、
「定期接種は中止しないが積極的には勧めない」と


◆2012年6月27日
厚生労働省は、子宮頸(けい)がんを予防するワクチンを接種した後に、
失神を起こしたり意識がはっきりしなくなったりした女性が812人報告


◆子宮頸がんワクチン → HPV ワクチンと表現を変えた


◆2種類のワクチンの副作用が、
それぞれインフルエンザワクチンの38倍、26倍にあたると報告されていた


あなたは、何かに気づいたでしょうか?
 あなたのシェアが、大切女性を救う



 

copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.

◆◆◆

人口削減計画 直ちに影響はない毒 イルミナティー.com
Topページ
人口削減ワクチン
前のページ
人口削減ワクチン
次のページ
人口削減ワクチン
Topページ

◇◇◇



※イルミナティー.comは、小説の内容でもあり、
あくまで、個人の見解であります。
ご判断は、各個人の自己責任においてお願いします。

登場する人物 団体は、仮名になっており、
実在する場所 物 人物 団体とは、関係ありません。

また、不適切な表現の指摘 権利者による消去依頼などは、
お問い合わせからご連絡ください。

自己責任の上で、利用規約に同意した上で、サイトを観覧してください。
  copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.