イルミナティ.com
スポンサーリンク2

イルミナティ
 エネルギーと貧困


フリーエネルギーが
 あなたの人生に
  大きなメリットであることは、理解できたのではないでしょうか


今回は、このエネルギー問題がいかに
 重要な問題を引き起こしているかを説明します。




実は、このエネルギー(資源)問題は、
貧困の原因だったり、固定格差を生む原因となっています。

たとえば
世界の貧困をなくそう など
そういった形で、実際に募金詐欺が行われています。

実際に、学校を建てても 結局廃校となってしまったりと
多くの人が、ことの本質を理解しない人が
その募金されたお金を どう動いたか確認しないので
詐欺師達は、捕まらず、やりたい放題です。


なぜ、貧困が生まれているのか?

月給  電気代
残るお金
①20万円 1万円 19万円
②1万円 1万円 0万円
③1万円 2万円 -1万円

なぜ、私が、先ほど、募金の話をしたか

それは、なぜ、お金がないのか?という事が問題だからです。

安易に考える人は、お金がないから
 募金すれば解決すると思っていますが

もし、そのような形で、解決するのであれば
 永遠と、お金を与え続ける必要があり

相手は、より依存し、自立できない状態になります。


簡単に説明すると
先進国で起きる、絶対的貧困層への道ワーキングプア
それの、途上国バージョンのワーキングプアです。


彼らは、子供から大人まで、働かざるおえません。

どの国も そのような経緯を得て
子供が働かなくていい状態になってのですから

事の問題は、仕事は、基本昼間に行われます。

しかし、仕事から帰宅すれば 夕方や夜なのです。

電気(エネルギー)が必要なのです。

それが、1日 1ドル 100円で生活する人達にとってみれば

先進国で、たった100円程度の値上がりでも、
彼らにとっては、深刻な問題なのです。

そして、エネルギーの問題は、食料の問題にも繋がります。

食料を作る肥料や農薬にもエネルギーを必要とし
そして、食料を運ぶのにもエネルギーを必要としているからです。

このように見れば
あらゆる、貧困の諸悪の根源は、お金ではなく
エネルギーの独占支配によるものと言えます。


そして、必ずどの国もエネルギー関係を独占する為に
政治家と官僚達が結託して、独占しています。

日本では、
電力会社から、議員が生まれ
議員は、電力会社に天下りし
そして、警察までもが天下りし

一体誰が、取り締まるのでしょうか?

このように、お金が諸悪の根源とは、
まさに、情報操作によって、本質とは、違うところに
問題があると、思わされていると言っていいでしょう。


そして、こういった世界の貧困には、もう一つ 問題があります。

それは、私達 民衆の側にも責任があるということです。

それは、単純労働や肉体労働を放棄することです。


それは、なぜかというと
仮に、世界の貧困がなくなるとしましょう。

そうなるには、彼らは、
先進国と同じ仕事をしているということになります。


今、多くの国で、低賃金の問題があり
格差が問題だと思っている人が多いのですが


そのような格差は、なぜ生まれたのかというと
先進国の中での格差ではなく
先進国と途上国の格差が埋まってきたのです。


世界単位でみれば、格差が大きくなったのではなく
格差は、小さくなってきているのです。


そして、途上国などの人でもできる仕事は、
途上国を基準とした、賃金価格になり
それを先進国ですれば、低賃金になるのは、当然の道理なのです。

逆に、途上国で、できないような仕事は、
高賃金になる傾向にあるのです。

これは、厳しくいえば
先進国で、単純労働などを行うことは、
途上国の人達の仕事を奪い 貧困を作る原因にもなるといえます。

私達は、単純労働を放棄し
途上国の人達に、そういった仕事をする機会を与え
先進国の人達は、より高度な仕事をすることです。

格差が問題だと、本当に思うならそうするべきなのです。

単純労働では、他の国との賃金競争価格で
高度な労働を行えば、そういった低賃金競争には、巻き込まれないのです。


しかし、こういった問題の本質は、TVでも 政治家も語りません。

なぜなら、
多くの人が、高度な仕事をし始めると

このバランスが崩壊し

需要(企業)<供給(労働)

単純労働の価格が上がってしまうからです。


彼らにとってみれば、
まさに、この事実は、不都合な真実です。


最近、日本では、賃金を少し上げただけで、
企業が潰れそうという、報道がありました。

実際には、ブラック企業が、労働搾取という形で、
盗んでいるお金の量を減らせばいいだけの話なのですが
そういった事も、語られることはないでしょう。


私達、一人ひとりができることは、
特に先進国で生きる人達には、
特に、高度な仕事ができるように努力することです。

それは、先進国で、高い賃金を得るだけではなく
世界単位で見れば、多くの貧困に苦しむ人達に、
仕事を与えることに繋がる
それは、貧困から抜け出す機会を与えることに繋がっていくからです。

詐欺師に募金するより、遥かに、合理的な事です。


そういった事が、全て、上手くいっているのは、
シンガポールです。

もはや、これから、100年先は、
シンガポール タイ インド 
この当たりが、世界の中心となるといっていいでしょう。

なぜなら、人口規模が、経済レベル(規模)
世界の人口マップをみれば、
圧倒的に、東南アジアは、人口が多いのです。

そして、シンガポールのように高度な経済を築き上げる国すらあります。

そして、ASEAN(東南アジア)
ヨーロッパもアメリカも抜きに、
世界経済の中心になることが、明白な為

それに恐れてのTPPでもあったりする訳です。

TPPとは、これから、世界経済の中心である東南アジア
それは、世界の覇権の取り合いの一つだったということです。

日本では、TPPに入るか 入らないかという論議でしたが

本当は、TPPなのか ASEANなのか

というのが、本当の世界の問題だったのです。


TVにでている専門家が、
わからないのか、仕込みなのか わかりませんが

ちゃんとした、情報は、全くといっていいほど、
この問題でも語られていなかったという事です。


そして、もうひとつ付け加えると
東南アジア国々やインドなどの、ほとんどの国が
第二次大戦前、植民地にされ、
直接的な奴隷にされていたという事実です。


あなたには、何が見えたでしょうか?

スポンサーリンク7
 スポンサーリンク8
copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.

◆◆◆

お金の作られ方 サタニスト
悪魔崇拝者
イルミナティー.com
Topページ
 次世代エネルギー
発展しない技術
前のページ
 次世代エネルギー
発展しない技術
次のページ
次世代エネルギー
発展しない技術
Topページ

◇◇◇




※イルミナティー.comは、小説の内容でもあり、
あくまで、個人の見解であります。
ご判断は、噂の都市伝説として
各個人の自己責任においてお願いします。

登場する人物 団体は、仮名になっており、
実在する場所 物 人物 団体とは、関係ありません。

また、不適切な表現の指摘 権利者による消去依頼などは、
お問い合わせからご連絡ください。

自己責任の上で、利用規約に同意した上で、サイトを観覧してください。
  copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.