イルミナティ.com
スポンサーリンク2
あなたが、心の見えない牢屋
 自由と書かれた牢屋から、開放されることを願って

イルミナティ 世界支配の仕方
 世界のお金の作られ方2

どのようにお金が作られて、世界が支配されているかは、
前回の説明で理解できたでしょうか?


今回は、また、同じ説明を視点を変えて 考えてみましょう。

かつて、アメリカ建国の父たちや賢者達は、
中央銀行の貸貨制度(例のお金を創る方法)を拒み続けてきました。
そもそも、アメリカは、これから独立したのですから


ベンジャミン・フランクリン
1706年1月17日~1790年4月17日
植民地の無力な人達が、
永久に、自分たちのお金の発行権を獲得しようとして
国際銀行家たちとの間で、起こったのが、独立戦争の主な理由だったのです。


リンカーン大統領
1809年2月12日~1865年4月15日
常に、貸貨制度(例のお金を創る権利)に
注意するようにと国民に言い続けてきました。


それを象徴するような具体的な言葉が
通貨の創造と発行の特権は、唯一政府の至高の特権であるだけでなく
政府による最も偉大な有意義な機会なのです。

必要とされる全ての通貨やクレジットを創造 発行
そして、流通させるべきであり

これらの法則の採用によって、納税者は、
莫大な金利の支払いから救われるでしょう。

彼の命が狙われた理由は、
本当はこれかと思ってしまうのは、イルミナティ.comだけかな

そして、こんな言葉も残しています。
お金の力は、君主制より横暴で、専制政治よりも傲慢で、
 どんな官僚よりもワガママで、タチが悪い

経済の私物化による内部崩壊を危惧している。
私欲のために、邁進する団体が現れ、国を乗っ取り 腐敗政治を確立し

国民の声をないがしろにした利益優先の国家体系が、確立するであろう。

そして、その腐敗は、ほぼ全てのお金がエリートのものになるまで続けられ
やがて、市民が作った共和制の国は、滅びるだろう(民主主義)


ウィルソン大統領
1856年12月28日~1924年2月3日
彼は、 死に際に、後悔の念を語ったようです。

FRB連邦十尾制度理事会条例にサイン
ついに、
貸貨制度(お金を創る権利)が、国際銀行カルテルの手に渡ってしまった。

私は、もっとも不幸な人間
私は、うっかりして、私の国を滅亡させてしまいました。

大きな産業国家は、
その国のクレジットシステム(お金を創る仕組み)によって管理されている
私たちのクレジットシステムは、一点に集中している。

その為に、国家の成長と、私たちのすべての活動は、
ほんのわずかな人達の手の中にあります。

私たちは、文明化した世界において、支配された政府
ほとんど完全に管理された最悪の統治された国に陥ったのです。

自由な意見による政府 
信念による政府
大多数の投票による政府は、ありません。

もはや、
小さなグループの支配者によって拘束される政府となりました。


ケネディ大統領
1917年5月29日~1963年11月22日
西暦1963年6月4日政府紙幣の発行を財務省に大統領命令で命じる


この紙幣は、デザインは、
FRBの銀行券とほぼ同じデザインで
FRBのマークの変わりに政府券と印刷
してありました。

この時の政府券の総額42億ドル発行されました。

西暦1963年11月22日
ケネディ大統領が暗殺される
その後に、なぜか、
総額42億ドルの政府券は、回収されました。

そして、
暗殺の理由が、都市伝説化 真実を隠したと言えます。

ケネディ大統領の演説の一部を抜粋すると
秘密主義
というまさに、その言葉は、
自由で開かれた社会にとって(民主主義 資本主義)非常に不快なものです。
そして、私たちは、歴史的にも、
秘密結社の 秘密の誓い 秘密の議事録に反対してきた民族といえます。

これは、アメリカ独立の理由も意味し
なにから、独立してきたのかを意味している。

それは、フリーメイソンではなく イルミナティです。


ウィリアム・リオン・マッケンジー・キング 元カナダ首相
通貨とクレジットの管理が政府に返還され、
そして、それがもっとも際立った神聖な責任として認められるまで
議会主権と民主主義について、議論することは、無意味で無益なものである。

一旦 国が、クレジット(お金の創る権利)の管理を手放したなら
国の法律を誰が作るとかは、問題ではない

一度、高利貸しの手に渡ってしまったら
どんな国でも破壊されてしまうだろう

この方は、カナダ銀行を国営化した。


1991年 イルミナティ 世界の支配者の言葉
約40年間に渡って ワシントン○ ニューヨーク○ タイム○
その他の出版社の取締役が、
我々のミーティング イルミナティのミーティング 秘密の議事録 に参加し
その内容を40年間に渡り、秘密にしてくれていた事に感謝している。

この40年間の間に、もし 秘密の議事録の内容が
世間の注目を浴びていたら、
我々 イルミナティの計画をすすめることは、不可能だっただろう

現在、世界は、より簡単に、より強固な支配に変わり
世界統一政府の設立に向けて、準備は整いはじめている。

世界統一政府のエリート と 国際銀行家の世界の支配力は、
かつて、国家を支配してきた、やり方より優れている

三極のデットロックより


ジョン・アダムズ
アメリカ憲法の父 1735年10月30日~1826年7月4日
アメリカで、起こる 貧苦 混乱のすべては、憲法や連邦の欠陥ではなく
美徳や名誉を欲することから来るものでもなく
紛れもなく お金 クレジットシステム(お金を創る仕組み)
流通手形の本質を知らないことが原因なのです。


経済学者ケインズ
この方法で政府は 秘密裏に人の財産を
誰にも気付かれることなく 奪える と言っています。



あなたには、真実が見えてきたでしょうか?

見えてきたら、シェアをお願いします。
あなたのシェアが、多くの人を開放します。

あなたが、心の見えない牢屋
 自由と書かれた牢屋から、開放されることを願って


スポンサーリンク7
 スポンサーリンク8
copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.

◆◆◆

イルミナティ
エイリアン説
次世代エネルギー
 発展しない技術
イルミナティー.com
Topページ
 世界支配の仕方
お金の創られ方
前のページ
世界支配の仕方
お金の創られ方
次のページ
世界支配の仕方
お金の創られ方
Topページ

◇◇◇




※イルミナティー.comは、小説の内容でもあり、
あくまで、個人の見解であります。
ご判断は、各個人の自己責任においてお願いします。

登場する人物 団体は、仮名になっており、
実在する場所 物 人物 団体とは、関係ありません。

また、不適切な表現の指摘 権利者による消去依頼などは、
お問い合わせからご連絡ください。

自己責任の上で、利用規約に同意した上で、サイトを観覧してください。
  copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.