イルミナティ.com
スポンサーリンク2
あなたが、心の見えない牢屋
 自由と書かれた牢屋から、開放されることを願って

イルミナティ 世界支配の仕方
 経済的奴隷への道3


前回では、労働賃金(月給)をどのように
下げることができるかを、ひとつの例を紹介しました。

今回は、⑤と④ がどのようにして起きているかを説明します。

月給  物価
(生活費)
お米
残るお金
①20万円 10万円 10万円
②20万円 5万円 15万円
③30万円 10万円 20万円
④20万円 20万円 0万円
⑤10万円 20万円 -10万円

あなたは、考えたことがあるでしょうか?


お金が、どこで、創られているのかを

しかし、この質問を多くの人に質問すると

ほとんどの人は、造幣局で作られているといいます。

しかし、それは、
お金ではなく紙幣が、発行されているだけなのです。



では、そのように答えてしまった、あなたに質問です。

では、あなたが、インターネットで支払いをする時、
クレジットカードでの支払い
銀行から銀行にする時
発行された紙幣は、使っているでしょうか?


そうですね 使っていません。

お金が作られる お金がどのようにして増えているのか?

それは、紙幣を作っている工場で決めていることではありません。


では、次の質問です。

もし、誰かが、
無限にお金を作ることができたらどうなりますか?

④番と⑤番になりませんか?


労働者は、労働で、お金を稼ぎ
支配者は、お金を作っていたら・・・

世界はどうなるでしょうか?

物価は、いつでも好きな時に、
高騰させることが、できます。


実際には、無限に作られる
お金と複雑な金融工学が関係しているのですが
1日どころから、1ヶ月ぐらい、説明するのに時間がかかるので

簡単に理解する為に、今回は、
お金が無限に作られていたらというこに、焦点を絞って話します。


無限にお金が作られることで、
世界中のモノを買い占めることができます。
そうなると、世界の物価を高騰させることができます。

あまりにも 大きな話をすると 理解しにくいと思うので
身近な話をしてみましょう。

あるアイドルのコンサートがあるとしましょう。
1万席あり、1席 1,000円で売られているとしましょう。

悪人が、1万席全部買い占めた時
1席 1,000円だった席は、悪人の言い値で売れるのです。


1万円でも 10万円でも 

簡単にいえば、転売です。

ただ、これは、コンサートの話なので
高ければ買わなければいいだけなのです。


しかし、これが、お米など食料になったらどうなるでしょうか?
10Kg 1,000円だったものが

10kg 1万円になったら、
高いから 買わないという選択肢は選べないのです。

なぜなら、人は、生きる為には、食べなければならないのです。



もし、お金を無限に作ることができたら、
たったひとつの方法で、世界は支配できてしまうのです・

その方法は、お金を無限に作る権利のことです。

そんなことは、ありえるのか?

では、次の言葉を見てください。

アメリカは、なぜ自由の国と呼ばれたのか?

アメリカは、何と戦って(独立戦争) 自由の国と呼ばれたのかわかります。


ベンジャミン・フランクリン
1706年1月17日~1790年4月17日

植民地の無力な人達が、
永久に、自分たちのお金の発行権を獲得しようとして
国際銀行家たちとの間で、起こったのが、独立戦争の主な理由だったのです。


リンカーン大統領
1809年2月12日~1865年4月15日

常に、貸貨制度(例のお金を創る権利)に
注意するようにと国民に言い続けてきました。
(リンカーン暗殺の真相)


ウィルソン大統領
1856年12月28日~1924年2月3日

彼は、 死に際に、後悔の念を語ったようです。

FRB連邦十尾制度理事会条例にサイン
ついに、貸貨制度(お金を創る権利)が、国際銀行カルテルの手に渡ってしまった。

私は、もっとも不幸な人間
私は、うっかりして、私の国を滅亡させてしまいました。


ケネディ大統領
1917年5月29日~1963年11月22日
西暦1963年6月4日政府紙幣の発行を財務省に大統領命令で命じる


この紙幣は、デザインは、
FRBの銀行券とほぼ同じデザインで
FRBのマークの変わりに政府券と印刷
してありました。

この時の政府券の総額42億ドル発行されました。

西暦1963年11月22日
ケネディ大統領が暗殺される
その後に、なぜか、
総額42億ドルの政府券は、回収されました。


次回は、どのようにして、お金が作られてきたのかを説明します。


あなたには、真実が見えたでしょうか?


あなたが、心の見えない牢屋
 自由と書かれた牢屋から、開放されることを願って


スポンサーリンク7
 スポンサーリンク8
copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.

◆◆◆

イルミナティ
エイリアン説
次世代エネルギー
 発展しない技術
イルミナティー.com
Topページ
 世界支配の仕方
お金の創られ方
前のページ
世界支配の仕方
お金の創られ方
次のページ
世界支配の仕方
お金の創られ方
Topページ

◇◇◇




※イルミナティー.comは、小説の内容でもあり、
あくまで、個人の見解であります。
ご判断は、各個人の自己責任においてお願いします。

登場する人物 団体は、仮名になっており、
実在する場所 物 人物 団体とは、関係ありません。

また、不適切な表現の指摘 権利者による消去依頼などは、
お問い合わせからご連絡ください。

自己責任の上で、利用規約に同意した上で、サイトを観覧してください。
  copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.