イルミナティ.com
スポンサーリンク2

◆イルミナティカード016


これは、個人への批判ではなく、法律で禁止された行為に言及する記事です。
今回のご紹介するイルミナティカード(手口)は、

今回は、多分あの国の人か事かと思います。
噂の人は、この人かな~?
イルミナティカード016 1
ただ、クセでしょうか? それともサインですか?
もしサインだとあのサインのようですが、
このサインは、他のカテゴリーで紹介します。

そして、驚愕のものを見つけてしまいました。

イルミナティカード016 2

これって、ヨーロッパの法律で、禁止されていませんでしたっけ?
偶然による写真なのか、
撮影者が、意図的に撮影したのか 定かではありません。

さらに、衝撃的な写真も見つけてしまいました。
イルミナティカード016 3
これは、アレを意味させている可能性は、極めて高い
仮に、意図していない場合でしたら、この立場から
こんな公の場所で、このように提示していること事態が、異常事態です。
何より、法律で、関連しているシンボルマークは、禁止しているのですから、

そういった事を前提に考えると、
意図せずにしているとは、考えにくいのではないでしょうか
イルミナティカード016 4
なぜなら、この国は、
このような反対というロゴマークでも有罪判決がでており
こういった関連の事は、連想させるだけでも、社会問題になるのです。

そういった事を考えると一連の写真は、一体なんなのか?
そう思ってしまいます。

もう一度言いますが
これは、法律で禁止された行為に言及する記事です。


さらに、怖いのは、私たちの多くが
ナチズム ファシズム は、なくなったように思っている。

では、これらの事実は、なんでしょうか?

これは、1つの国の例にしか過ぎませんが、
これは、世界中に建物として、存在しています。

そうです。イルミナティのように、影の中に影を作って、
彼らは、存在し続けています。

そして、彼らは、世界の重要なポジションについています。


私たちは、本当の自由を守っていくことが必要です。

全ての人類が、平等の権利と自由が守られる憲法を守る必要があります。


 

copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.

◆◆◆

イルミナティ.com
生放送 SNS
イルミナティカード
Topページ
イルミナティー.com
Topページ
イルミナティカード
前のページ
イルミナティカード
次のページ
イルミナティカードA
Topページ

◇◇◇



※イルミナティー.comは、小説の内容でもあり、
あくまで、個人の見解であります。
ご判断は、各個人の自己責任においてお願いします。

登場する人物 団体は、仮名になっており、
実在する場所 物 人物 団体とは、関係ありません。

また、不適切な表現の指摘 権利者による消去依頼などは、
お問い合わせからご連絡ください。

自己責任の上で、利用規約に同意した上で、サイトを観覧してください。
  copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.