イルミナティ.com
スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

イルミナティ.com blog
 日本国債 格付け


今日のイルミナティブログは
■イルミナティ ブログ74
 日本国債 格付け


これらに関する記事への
コメントが、大変興味深いので、
今日は、それについて取り上げる
何が、興味深いのか?


そもそも、リーマンショック前に
格付け会社による、情報操作、市場操作という指摘というのは、
私だけでなく、多くの専門家も言ってきた所である。


しかし、その当時 誰も信じるものは、いなかった
結果、リーマンショックは、起きた

そして、ようやく事後処理的思考の人間は、気付くようになった
格付け会社の格付けは、いい加減だと


しかし、事後処理思考をしなくても
論理思考すれば、リーマンショックが起きる前に
リーマンショックは、予測できたのではないでしょうか?


私が、単純な質問をしよう
そもそも、格付け会社の格付けが、信用できるものであれば
世の中の人が、全員それを買えば 全員資産が増えるのである。

格付け会社の株さえ買えば
格付け会社が、良いと評価する投資先だけに投資すれば
絶対に、損をしない


というのは、ありえない話
しかし、リーマンショック前に
それに気づいていなかったのが大半の人である


そして、気付くべきは、
なぜ、多くの人が、このような当たり前の事に気づけず
当たり前の疑問すら考えなかったのか?


それどころか、その問題を指摘すれば
それは、陰謀論だと思う人すらいた
まさに、これが、情報操作による洗脳だという事です。


このように、多くの人達は、
簡単に騙されているという事実がここにあります。


さて、今回の日本国債の格付けが、中国や韓国よりもヒドイ
なぜ、そのような事になってしまったのか?

それについても説明しますが、
これに関して反論している人の多くが
中国や韓国よりも格付けが、悪いということに怒っていますが
その多くが、感情論です。


まず、日本の経済の状況をまとめると
1.現状では、経済成長のみ込みはない

2.会社の業績が良くなるのは、売上ではなく利益率が上がる
  すなわち、コストの削減 人件費削減リストラである。
  ※また、これは、インフレを除いた実態経済の部分である。

3.日本の唯一の成長分野であるIT関連は、
  税率が高く、税制度が複雑すぎて
  税金に対するコストと手間が多すぎる日本より
  海外の方がよく、ITなので日本で経営する必要はなく
  日本の唯一の成長分野は、税制度に対する国民の理解がないため
  唯一の成長分野は、海外に流出してしまっている。


4.IT分野を除くと、日本の実態経済が成長するには、
  移民 → 低賃金化が固定する
  新しい技術や資源の開発
  といった事で、現在見込みがない



中国に関しては、確かに、
多くの経済的な問題などを抱えていますが

そもそも銀行の問題に関しては、
不換紙幣と紙幣発行による仕組みを知っていれば
どの銀行も実は、借金まみれだという事
しかし、不思議なことに借金まみれなればなるほど
銀行の資産は、増える仕組みになっているから
というのが本当で、
それが問題なら、どの国も問題だらけである
事実、どの国も借金まみれだという事


そして、中国の潜在的な経済の成長力である
この成長性が、日本と違うところで
以前、中国が、日本のGDPを追い抜いた時
日本人の多くは、一人あたりのGTPが低いと小馬鹿にした。

しかし、それは、逆で
一人あたりのGTPが、それほどに低いのに
日本のGDPを抜いたという事は、
最終的に、経済が成熟した時の
経済規模の大きさの可能性を示している


多くの問題を抱えている中国だが
日本の高度成長期を知れば、同じような状態といえる。


また、財政健全化に向けた取り組みとして
国策として、金の実物取引を進めている



韓国の経済
韓国経済は、そもそもつい最近、財政危機したばかりであり
経済状態が、悪いのは、今に始まった事ではない
IMFの介入によって、経済が悪い状態であるものの
それ以上悪くなりようがない状態になっているといえる

経済が、唯一悪くなる点としては、
円安ウォン高による影響といえるが、
そもそも、韓国自体が、国土が広くない事から、
輸出国であっても、輸入国だという事

これは、日本の経済が、
あたかも輸出国のようにマスコミが報道しているが
日本は、食料 燃料 材料 すべてにおいて輸入している

輸出国であり輸出企業がメインとしていても
結局その、輸出企業の9割の下請け中小企業が
現在、輸出企業にとって、
インフレ 円安 が最高の条件にあるにもかかわらず
輸出企業の9割の下請け中小企業が倒産ラッシュしている事が、
その事実を物語っている。


そして、 アメリカが、経済がよくなり
ドル高、通貨の価値が上がっているのに

経済が、悪化しているのに、ウォン高になれば
海外の資産を買えばよいだけの話であるとも言える、



そして、問題の格付けの指摘の内容は、
経済に関する指摘ではなく
日本の借金 財政について指摘している


多くの人は、リーマンショックと同じで
信用できない会社としているが、それでは、単純するぎ


これは、恐らく、
今まで、景気と増税といった議論が

解散した途端に、
増税と財政(日本の借金)という議論に変わった事から
この格付けは、増税の口実に使われるものだと言える


そして、多くの人が、
また、騙されたという事である。


このブログを読んでいる人なら
過去にも指摘した通りで、
増税の理由 目的 議論が変わった事を説明しているので
日本国債、格付け下がるというニュースと
その内容を見ただけで、気づいたのではないでしょうか?


① 8%にする前は、問題ない
② 5%→8% 問題あるのに問題ない
③ 経済指標が悪化して、問題ないと言えなくなる
④ 10%増税中止 発言
⑤ 10%は、中止にしない発言
⑥ 1年半後に延期する
⑦ 軽減税率の議論
⑧ 今現在の議論→増税解散
⑨ 消費喚起へ地域商品券
⑩ 消費増税先送りするけど、解散
⑪ 消費再増税の再延期はないと表明 消費税増税決定
⑫ 政策の是非を問う
◆ 消費税先送りの議論
⑬ 消費税増税 景気条項を削除
⑭ 経済政策振り出しに戻る?
⑮ 増税前に、景気回復させる?

◆ 日本国債 格下げ 中国や韓国 以下



そして、問題の国債 借金が、
1年先送りしただけで大問題になる理由は
簡単に誰でもわかるように説明すると


1000兆円 利息1% 10兆円
税収40兆円

1000兆円 利息 5% 50兆円
5000兆円 利息 1% 50兆円

とても簡単に説明するとこういった状況である。
だから、政府は、この利息の部分に敏感になっている。


正直、消費税増税した所では、解決にならない
国家の無駄 政治家 選挙 行政 公務員など
こういった中にある大量の無駄を排除しない限り
財政再建など不可能であり


こういった事を実行しないで、財政再建という政治家は、
破綻先送りの為の増税を言い換えているだけである。


そして、これらを回避する方法は、
刷って返せばいいようである。

刷って返すと、その後どうなるかは、
あなたが、判断すればいい

ただ、刷って返せば、
日本の借金を返済する事はできるが
その後は、あなたがよく考えるべきである。



あなたと
 あなたの大切な人が、
  自由になることを願って

あなたは、どう思いますか?
スポンサーリンク7
  スポンサーリンク8
copyright©イルミナティー.com all rights reserved.

◆◆◆

イルミナティ.com
公式 生放送 SNS
イルミナティ.com
あなたの情報募集
イルミナティー.com
Topページ
 イルミナティ ブログ
前のページ
 イルミナティ ブログ
次のページ
イルミナティ ブログ
Topページ

◇◇◇




※イルミナティー.comは、小説の内容でもあり、
あくまで、個人の見解であります。
ご判断は、噂の都市伝説として
各個人の自己責任においてお願いします。

登場する人物 団体は、仮名になっており、
実在する場所 物 人物 団体とは、関係ありません。

また、不適切な表現の指摘 権利者による消去依頼などは、
お問い合わせからご連絡ください。

自己責任の上で、利用規約に同意した上で、サイトを観覧してください。
  copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.