イルミナティ.com
スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

イルミナティ.com blog
 増税前に景気回復


今日のイルミナティブログは
■イルミナティ ブログ69
 増税前に景気回復


今回もいつもどうり、
時系列で発言を見て行きましょう。


① 8%にする前は、問題ない
② 5%→8% 問題あるのに問題ない
③ 経済指標が悪化して、問題ないと言えなくなる
④ 10%増税中止 発言
⑤ 10%は、中止にしない発言
⑥ 1年半後に延期する
⑦ 軽減税率の議論
⑧ 今現在の議論→増税解散
⑨ 消費喚起へ地域商品券
⑩ 消費増税先送りするけど、解散
⑪ 消費再増税の再延期はないと表明 消費税増税決定
⑫ 政策の是非を問う
◆ 消費税先送りの議論
⑬ 消費税増税 景気条項を削除
⑭ 経済政策振り出しに戻る?
⑮ 増税前に、景気回復させる?


これを見ると大きな矛盾が生まれています。


消費税増税の条件に景気の状況を考慮する項目を消去する時点で
景気を回復させなくても、増税できる状況

そんな状況を自分で作りながら
景気回復させて増税するという発言は、

景気回復させる意思がないと言えるか
それとも、あると言えますか?


あなたなら、どちらだと思いますか?


また、これらの言動から、
今までは、増税の表向きの理由は、
社会福祉など そういった理由でしたが

ここにきて、
財政→財政赤字→日本の借金を理由にしてきています。

この点に注目するべきです
なぜなら、今まで、日本の経済破綻(デフォルト)は
海外と財政状況(お金の状況)が、全く違い
日本は、海外よりずっと内容が良いという事でしたが


しかし、逆に考えれば
日本の経済破綻は、海外の経済に影響を与えない
だから、経済破綻しやすいとも言えます。

被害を受けるのは、日本にお金を貸している債権者
それは、日本国民です。

いつも、国民一人あたりの借金
その表現は、違うという事を 最近 指摘する自称専門家達
その意見を、存分に考慮すると
国家破綻した時、債権者のお金が没収され
そして、被害を受けるのは、日本国民だけ

そう、政治家がいつも説明する
日本の借金は、日本だけで処理している
だから、被害を受けるのは、日本国民だけであり
海外の経済に影響を与えないで、経済破綻(デフォルト)できる


彼らが言わないのは、この赤い部分です。


そして、現状を考慮すれば
1.日本の借金の状況は、ほぼ日本国内で処理され
2.増税の理由が 社会福祉 → 財政(借金)に変わった
3.増税の条件である、景気条項を削除

まさに、景気に関係なく増税しなければ
経済破綻してしまうから、増税していると言えます。


何が、悲劇かというと
増税している間は、経済破綻しないという事です。


しかし、多くの人達
あなた達にとっては、この繰り返される増税により
絶対的貧困層 格差固定に転落する人が増えるという事です。


現在、日本が、歩んでいる経済プロセスは、
1.経済破綻
2.増税により経済破綻を回避

この2つの選択肢で
この2つの選択肢を回避するには、
国を根本的に変える必要があるという事で
そうでなければ解決しないのです。


なぜなら、選挙制度も
そもそも、投票数が上がった所で、
金がある議員しか立候補できないので、結局、何も解決しないのです。

だから、選挙制度に問題があるのです。


また、年金問題こそが、
この国の経済破綻の目安(指標)になっており
本来あるべき積立方式が、
公務員達の犯罪行為によって、崩壊してしまい
事実上、年金制度は、破綻しました。

破綻していないというのであれば
なぜ、積立方式から、ねずみ講方式に変えたのか
反論してみなさいと言いたい所です。


そして、ねずみ講方式 ポンジ・スキームにした事によって
人口が倍々に増える必要がありますが
どの国を見たって、そんな風に人口が増えていません。

人口減少している日本をみれば
このねずみ講方式・ポンジ・スキーム方式を成立させるには、
インフレさせるしかないのです。


なぜ、政府がインフレ政策をするのか
それは、ドル高にする必要があったり、
(本当は、円安ではない)
年金制度などの嘘を隠す為です。


だから、インフレ率によって
年金の支払い金額は、上昇するようになっています。


だから、日本に残されている道は、
1.早期に、経済破綻をして、ほとんどの税を廃止する
2.インフレ → 増税 → インフレ → 増税

この2つしか残されていないのです。


政府、行政、官僚、工作員の自称専門家
この人達は、絶対に認める訳がありません。

国民を騙し、国民から、お金を巻き上げて
経済破綻しても今の収入 立場を守る為には、
国民を騙す必要があるのです。


なぜなら、海外にお金が移動してしまうと
計画的な経済破綻できず
また、海外の経済に影響を与えてしまうからです。


まとめると

1.日本の政治を見ていれば
  いかに、海外に考慮していることは、周知の事実であり
  日本国民だけ損する政策は、いつもの事

2.過去の経済政策もそうだが
  インフレの為の為替介入という、価格操作は、
  実は、他国の借金返済の為であったり
  軍事費用を間接的に支払っていた


3.日本に残されている道は、2つしかない
 早期に、経済破綻をして、ほとんどの税を廃止する
インフレ → 増税 → インフレ → 増税


4.日本の借金の状況は、ほぼ日本国内で処理され

5.増税の理由が 社会福祉 → 財政(借金)に変わった

6.増税の条件である、景気条項を削除

7.20年以上前から、
  法律を徐々に可決させて、準備している

8.日本が昔 破綻した時と全く同じ
  その時も、日本だけだから、大丈夫といっていた
  むしろ、その時は、何もない時代だったので
  その後、人口増加+経済成長するしかない状況だったので良かった


こういった事を考慮すれば
計画破綻をしようとているのは、明らかである。


また、ここで言うことはできないが
経済指標とは、違う形で
目に見える形で、破綻の兆候が、生活の中に見えている。




また、今回は、
このサイトを見ている人も増えてきたのか
様々な意見など提案があったので、
それを紹介したり、それに、回答していきます。


■景気条項を削除について
これは、上記で説明した通り
増税する理由が、本当の理由に変わったのです。
絶対に言えないけど、増税しないと経済破綻するから


■景気回復する気があるなら、今後の予定を公約して
 消費税や年金を安定させろ

 これも上記の回答と同じですが、
 増税する理由が、本当の理由に変わったのです。

 もし、それを公約してしまったら、いつ破綻するか分かってしまい
 それに合わせて、世界中のファンド 投資家 投機家が
 国の状況を合わせて、日本売りを初めて
 早く経済破綻してしまいます。

 だから、そんな事は、彼らの立場では、100%できないのです。
 彼らは、日本国民の代表という肩書は、あっても
 日本国民の利益を考えいてる代表ではないのです。
 

 また、同様に 年金についても
 そもそも、本来あるべき姿の積立方式が、破綻し
 実質上、年金制度は、破綻しています
 その為の、ねずみ講方式なのです。

 ねずみ講方式に変えた時点で、 そんな事はできません。
 その為、支払い時期 支払額 支給額 を変動するという
 詐欺みたいな事を合法にしている訳です。

 普通に考えれば、これだけでも 破綻している事が理解できます。
 だって、こんな保険あったら、あなたは、加入しますか?
 という質問が答えになります。

 年金問題は、ここで説明すると長くなるので
 この程度にさせてください。



■一部の大企業や、一部の超富裕層だけの視点でしか考えていない
 中小企業・低所得層・中間層の状況を考慮してくれ


他の記事でも説明していますが、
そもそも、選挙制度が、あらゆる点で、欠陥であり違法なのです。

だから、何度も言っていますが
私達やあなたが、現在の制度が問題ないと支持している以上は

現状の選挙制度では
お金がないと立候補できない
お金がないと当選できない仕組みになっており

また、落選した議員が
なぜか、当選できるという、異常な選挙制度によって


彼らは、日本国民の代表という肩書は、あっても
日本国民の利益を考えいてる代表ではないのです。

当然、落選した議員というのは、
国民に支持されていない議員であり
そんな議員が、当選する仕組みがある時点で
議員は、安心して、国民の利益を反する行為ができる訳です。


日本の政治や国家に問題があるのでもなく
そもそも、議員を選べる所に問題があるのでもなく
根本的には、最初の時点から、間違っているのです。



■増税前に景気回復って、
 いつのまにか増税が目的になってるじゃん


この方は、あまり詳しくないようですが
でも、見事 直感と論理思考にって本質を見抜いています。
(みなさんも純粋な疑問を抱いて考えて下さい。)
そうです。

増税が目的です。
増税の目的は、上記に書いた通りで

増税を納得させる為のこの1ヶ月の発言です。

① 8%にする前は、問題ない
② 5%→8% 問題あるのに問題ない
③ 経済指標が悪化して、問題ないと言えなくなる
④ 10%増税中止 発言
⑤ 10%は、中止にしない発言
⑥ 1年半後に延期する
⑦ 軽減税率の議論
⑧ 今現在の議論→増税解散
⑨ 消費喚起へ地域商品券
⑩ 消費増税先送りするけど、解散
⑪ 消費再増税の再延期はないと表明 消費税増税決定
⑫ 政策の是非を問う
◆ 消費税先送りの議論
⑬ 消費税増税 景気条項を削除
⑭ 経済政策振り出しに戻る?
⑮ 増税前に、景気回復させる?


あなたと
 あなたの大切な人が、
  自由になることを願って

あなたは、どう思いますか? どうしますか?
スポンサーリンク7
  スポンサーリンク8
copyright©イルミナティー.com all rights reserved.

◆◆◆

イルミナティ.com
公式 生放送 SNS
イルミナティ.com
あなたの情報募集
イルミナティー.com
Topページ
 イルミナティ ブログ
前のページ
 イルミナティ ブログ
次のページ
イルミナティ ブログ
Topページ

◇◇◇




※イルミナティー.comは、小説の内容でもあり、
あくまで、個人の見解であります。
ご判断は、噂の都市伝説として
各個人の自己責任においてお願いします。

登場する人物 団体は、仮名になっており、
実在する場所 物 人物 団体とは、関係ありません。

また、不適切な表現の指摘 権利者による消去依頼などは、
お問い合わせからご連絡ください。

自己責任の上で、利用規約に同意した上で、サイトを観覧してください。
  copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.