イルミナティ.com
スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

イルミナティ.com blog
企業の特許問題から見える 工作員の存在


今日のイルミナティブログは
■イルミナティ ブログ63
 企業の特許問題から見える 工作員の存在


この問題、ある人物が、
相当ネットで叩かれていますが、
もし、それら工作員ではなく、本当に、一般の労働者なら、
是非、この意見も聞いてみてください。


そもそも、
この開発に成功した、特許ですが、
確かに、企業の物と言えます

しかし、その反面
それは、開発者の物でもあります

それで、企業を擁護する声は、
長年、開発費を出してきたのは、企業だから
開発者は、なんて悪どい奴だという声
そうお金を出した人に権利があるという意見


不思議ですね、
そうなると株式会社に投資している人達と
労働者の給料の問題で
株主に配当を渡すなとか
経営者の利益を税金で奪えといった意見


この人達が、
もっともお金を出している人達なのですが?


今、この日本という国だけでは、ありませんが
特に、日本は、ファイナンシャルリテラシ-が
クレジット会社の調査により、アジアでも最下位の国です。


それを示すように、お金の話になると
上記のような矛盾が発生します。

それは、論理的な思考による判断ではなく
感情論によるものだからです。


そして、なぜ 私が今回 最初に言った
相当ネットで叩かれていますが、
もし、それら工作員ではなく、本当に、一般の労働者なら、
是非、この意見も聞いてみてください。


と言ったのは、

この人は、労働者側の代表であり
あなた達の代表である。

こんな偉大な発明
人類に大きな影響を与える発明をして
そんな人への報酬が低いという事は、

あなた達が、いくら働いても
成果を出した所で、
何の対価も支払われないという事になってしまうのです。


確かに、10億円程度のお金であれば
一般労働者から見たら大金に思え、十分だと思いますが


しかし、 人類に大きな影響を与える発明をして
この成果は、1000億以上の利益をもたらすのです。

ということは、
1000億円の10%は、100億円
100万円の10%は、10万円であり


企業の労働対価に対する割合としては、正当であり
日本の低賃金労働の相場で言っても適切な相場と言えます。


ファイナンシャルリテララシーが低いと
100億円も請求するとは、どんな神経だ!とか
10億円程度貰えば十分だという 感情論になりますが


金額ではなく割合の問題 パーセントの問題で
本来の問題は、
企業の投資と労働対価の割合の問題だからです。


これが理解できない人は、
最初の報酬が2万だったり
100万の利益を出した所で、報酬が0.02% 200円
という事になるといった事が理解できない思考状態と言えます。


また、他の社員より給料が、高いというのも論外です。
そもそもは、金額の問題ではなく 割合の問題だからです。

他の社員より、給料が高いのは、
成果や能力における、ポジションによる対価であり
全く別問題です。


また、他の社員より、給料が高いという事を争点に出すことは、
割合の問題から、金額の問題にすり替えようとしている
または、割合の問題が理解できない状態と言えます。


さらに、他の社員より給料が高いというのが
まさに、給料体系が、年功序列で
能力や成果保障ではない事を自ら公言しているようなものです。


そして、有能な人間が、
海外やシンガポールに、どんどん流出してしまう。


日本の大企業の多くが
数千億単位の赤字を出しまくる背景を理解すれば
この問題の深刻さが理解できます。


新しい技術 コピーできない技術
良い商品が作れないと


今や、アジアの国々で
普通の商品なら、格安で作れてしまうのです。


そして、それの代表事例は、液晶です。
最終的には、日本の企業が撤退する事態です。


日本は、税金の仕組み 税率など
他にも多くの問題があり
前々から、優秀な人間の海外流出は、起きていましたが、
さらに加速していくでしょう。


それと、気づいて欲しいのは、
特許は、投資した人 お金を出した人に権利がある
報酬は、微々たるもので良いという意見は、
本当に、労働者の声でしょうか?


あなたと
 あなたの大切な人が、
  自由になることを願って

あなたは、どう思いますか?
スポンサーリンク7
  スポンサーリンク8
copyright©イルミナティー.com all rights reserved.

◆◆◆

イルミナティ.com
公式 生放送 SNS
イルミナティ.com
あなたの情報募集
イルミナティー.com
Topページ
 イルミナティ ブログ
前のページ
 イルミナティ ブログ
次のページ
イルミナティ ブログ
Topページ

◇◇◇




※イルミナティー.comは、小説の内容でもあり、
あくまで、個人の見解であります。
ご判断は、噂の都市伝説として
各個人の自己責任においてお願いします。

登場する人物 団体は、仮名になっており、
実在する場所 物 人物 団体とは、関係ありません。

また、不適切な表現の指摘 権利者による消去依頼などは、
お問い合わせからご連絡ください。

自己責任の上で、利用規約に同意した上で、サイトを観覧してください。
  copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.