イルミナティ.com
スポンサーリンク1

スポンサーリンク2

イルミナティ.com blog
 徴兵制は、合法的なのか?


今日のイルミナティブログは
■イルミナティ ブログ51
 徴兵制は、合法的なのか?


徴兵制は、合法?
徴兵制は、苦役ではないという議員達

どの国に、徴兵制で、喜んで兵隊になっている
民間人がいるのですか?
いる場合は、一家が、ずっと兵隊である家庭ですよね?


そもそも、徴兵制とは、
強制的に兵隊にする制度であり
苦役ではない、喜んで兵隊になるという人が多いのなら
徴兵制(強制的に兵隊にする制度)など入りませんよね?


ほとんど兵隊になっている人は、
兵隊になるしか、仕事がないとか
強制的に兵隊になる制度で、兵隊になっていますよね


苦役ではないというのなら
強制的に兵隊にする制度は、必要ないですよね?

強制的に兵隊にする制度する目的はなんなのか?
本当に、苦役ではないのなら
徴兵制など、必要がないはず

やはり徴兵制を導入をしようとするのは
それは、苦役だからでしょ?


今後注意すべき事
■国へのボランティア
■一定期間のボランティアを義務化
■国への奉仕


これらは言動は、徴兵制を言い換えているだけです。


なぜなら、本当の自由とは?で説明したように

自由の定義や私達が自由を守るには、
理由が、あれば他人の自由を奪っても良い
それを1つでも合法にすれば
すべての自由は、理由があれば奪うことが可能

国への奉仕
国へのボランティア

だから、一定期間 自由を奪って良い
国への奉仕だから、自由を奪っても良い

そうなれば、やがて
国への奉仕だから、兵隊になり
国への奉仕の為に、死ぬのもしょうがない

となりかねない事実


そうやって
第二次世界大戦の時
太平洋戦争の時
大東亜戦争の時


日本国民は、
国への奉仕という洗脳によって
国ではなく、国を支配する一部の団体の利益の為に
国民の多くは、犠牲になった。

そして、それどころか
国への奉仕という理由で、
国を支配する一部の団体の利益の為に犠牲になった

しかし、戦後
戦争犯罪者だ 戦争に加担した者達だと
犠牲者を冒涜する始末

野党は、長年同じように批判し
与党は、批判はせずとも、色々な事を認めてきた

なんとかスピーチを問題とするのなら
なぜ、今までの事を黙認していたのかな?
黙ってきたという事は、黙認してきたと言うことにしかならない


少し、話は、それてしまいましたが

国への奉仕
国へのボランティア

これらは、すべて
理由があれば、個人の自由を奪ってもよいという発想である

一度、法律上、認められれば
やがて、悪意ある政治家が、行動に移す

あのヒトラーも
同じようなやり方で、国民を騙し
合法的に、ナチスドイツを建設したのだ


確かに、軍事的な現実は、考慮しなければいけない


ただ、現実を見るときに
忘れていることはないだろうか?


それは、あれだけ 反日感情の強くした韓国


しかし、その国民ですら
徴兵制を回避する為に、国外にいったりと
様々な方法を使っている

そして、どの国でも徴兵制がある国では、
徴兵される若者達が、みんな嫌がっているという現実がある


ということは、
地球人の民衆は、誰も戦争がしたくないということ


戦争をしたいのは、戦争を行ない利益が得ることのできる
支配者層や政治家達だけであるという事


だから、私達は
偽の専門家が、現実的な軍事問題を無視してはいけないという
誤魔化しに騙されてはいけない

なぜなら、現実を見れば
徴兵制のある国の人達ですら
徴兵制を拒みたいのである
それは、戦争に行くどころか、
兵隊にすらなりたくないという事実である


こういった現実を考慮すれば
日本は、唯一憲法に平和を唱えている国

実際には、日本が経済的植民地にする為に作られた憲法ですが
逆に、日本人は、これを利用すべきである

私達が、率先して
戦争を放棄するように呼びかけ
それは、戦争をしたい政府や政治家ではなく
地球人の民衆に呼びかけていくべきである


そして、すべての国と すべての国民が
戦争を放棄した時
戦争は、起きないといえる
なぜなら、戦争する人間がいないからである


だた、機械やミサイルは、例外
しかし、すべての国民が戦争を放棄して
そのような行為を行えば
誰が見ても責任は、明白であり

本当の人類 地球人の敵は、
誰なのかという事も明白になる



あなたと
 あなたの大切な人が、
  自由になることを願って

あなたは、どう思いますか?

スポンサーリンク7
  スポンサーリンク8
copyright©イルミナティー.com all rights reserved.

◆◆◆

イルミナティ.com
公式 生放送 SNS
イルミナティ.com
あなたの情報募集
イルミナティー.com
Topページ
 イルミナティ ブログ
前のページ
 イルミナティ ブログ
次のページ
イルミナティ ブログ
Topページ

◇◇◇




※イルミナティー.comは、小説の内容でもあり、
あくまで、個人の見解であります。
ご判断は、噂の都市伝説として
各個人の自己責任においてお願いします。

登場する人物 団体は、仮名になっており、
実在する場所 物 人物 団体とは、関係ありません。

また、不適切な表現の指摘 権利者による消去依頼などは、
お問い合わせからご連絡ください。

自己責任の上で、利用規約に同意した上で、サイトを観覧してください。
  copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.