イルミナティ.com
スポンサーリンク1
スポンサーリンク2

イルミナティ.com blog
 メディア洗脳 選挙 立候補


2そもそも選挙は、公正公平に行われているのか

簡単に言い換えると、
①投票の仕組み ②投票用紙の管理 ③立候補の仕組み


今回は、③の立候補の仕組みについて

まず、立候補をの仕組み
なぜこれが重要かというとそもそも、
国民の声を反映する立候補者がいなければ

そもそも国民の声は反映されないのである


どういうことかというと


立候補するのに何らかの
制限をすると国民の声を反映させないことができる

これは支配者にとって
とても都合のいいことである

逆にこれは大衆にとっては
とても不都合な事実である


なぜなら、大半の人は
富裕層ではないからである

移行するのに多額の資金を必要とした場合、

立候補することができない

これによって立候補者は金銭的余裕がある者

または、
お金に余裕がある者に管理された者だけになる


仕組みとなり
国民の声は反映されない状態となる


国を支配するのには、
実は、多くのこと実は必要としない


このように立候補するのに
多額の資金を必要とするだけで
国は簡単に支配することが可能である


そして、いつもネットで
これに対する反対意見というのは

立候補者が乱立すれば選挙が
混乱するというものである

しかし本当に立候補が乱立することで
選挙が混乱するというのだろうか?

そもそも冷静に考えてみれば

国の奉仕者として
国民の代表として

立候補したい人が乱立するということは
実は本当は喜ばしいことであるといえる

そういうことを言う立場というのは
貧困層や大衆の声を反映した者ではない事は、
冷静に考えてみればわかることです。

それに、立候補が乱立したところで
選挙の混乱などはありえない

なぜなら
乱立したところで
興味のない人の話しを聞かないからである


現状の選挙制度であっても


立候補者すべての情報を知っている人は、

いるだろうか?

ほとんどの人が知らないというのが現実で

それに、まともな思考を持っていれば
立候補者が乱立したところで
投票者はなにも困惑することはない

なぜならおかしな立候補者が立候補したところで
実際に、あなたは、そんな人に投票するなどだろうか?

ということである


さらに言及すれば
現在の立候補の仕組みでも
すでに、立候補者の乱立 以前の前に

実際 過去の事例を見てみれば

カルト宗教の教祖が
選挙に立候補したりということが
選挙が行われるたびに
立候補しているではないかという事実がある


だから、選挙の秩序が、
どうこうという論議は、現実を見れば意味をなしていない



だから、候補者が乱立したところで
選挙の秩序は、何も変わらないということである

それに、おかしな人も平等に立候補できるというのが
自由を保証されている国である証といえる
後は、国民が冷静に思考して投票すればいい

それとも
あなたは、自分の思考が信用できない
とでもいうのだろうか


誰でも立候補できると
実際に困るのは支配者側である

なぜなら、国民の声を最も反映した立候補が
乱立するということだからで

それは、次の記事でそのことに触れるが
不正選挙がおこなわれているので
選挙操作を行うことが難しくなるので
候補者が、乱立すると 
支配者側にとって、困る事だからである


ここでひとつあなたに教えておきたいことがある

インターネットでの書き込みというのは
支配者側の工作員が多いということである

実際棒を期間は
工作員のアルバイト募集していたという事実が
つい最近公になってしまった

それはインターネット上で
普通にアルバイト募集をサイトで公開してきたからである

だからら、あなたはよく考えなければいけない


今から、
選挙の立候補の仕組みの説明を説明しよう

◆多額の金を必要とするそれによってり公社が乱立しない
 お金を必要とせずだれでもリコールできるなると世間秩序は保てない◆



と聞くともっともらしいように聞こえるが

全く合理的でないどころか
国民の声が反映されず国民の利益が守られない


という事を、あなたは自分で気付くようになる必要がある


ここで説明したように
それはもっともらしく聞こえるだけで

全く国民の声を反映できない仕組み

それどころか
立候補できる者たちだけの
利益が守られる状態となってしまう

まず これで 選挙の立候補の仕組みが
異常な状態にあるという事が理解できたかと思う

それでもまだ理解できない人もいると思いますから




これが、いかに異常だということが

他のの先進国と比較してみれば
容易に理解できることである

例えば自由発祥の国ともいえるフランス
この国は依然
数万円のお金が必要とされていたが

それすら問題とされた

なぜそれが 問題かということは


先ほど、説明したとおりである
まともに思考すれば理解できたかと思います、


これが本来の
民主主義や共和主義の 国民の常識的な意識であり


そのような状態になれば問題にされ
常識になるのが本来の普通です。

そして、それが意味するのは、
この意識がないことが、いかに、
どこかの大衆がいかに洗脳され

騙されているのかということが
浮き彫りとなっている事実である


私は、無関心である国民も
無関心という国民の声だと話している

共和主義ではなく民主主義をとっているので
間違ったことも多数決で可決してしまいますので
ある意味しょうがないと思っています


いくとこまでいったら
この国を出てくるしかないというのは


日本だとよく非国民として扱われることがありますが

現在の日本の話題だと
それは、ヘイストや差別に当たりますよw
(それが大きな問題)

本来、国がダメであれば、
国を出て良い国へ移り住むというのは
本来の自由思想を持った国民であれば常識的な意識です。

しかし、国の奴隷となる事が
常識化してきた国では、
それは、非国民という扱いになる訳です。

本来、自由であれば
ダメであれば、ダメなのですが

どこかの国の人は、自分が努力したくないので
それを認めたくないので
一緒に泥船で、沈まないといけないという発想をします。



音声認識で、文字がおかしくなっていたので
省略




有名人や政治家たちは

この国が繁栄したというでしょ
景気が良くなってるというでしょ


多くの国民を搾取した上に
それが成り立っていていても

彼らは、一部の国民とっては
とても都合がいいのです

残念ですが

こういった状況が
不都合人が人たちをどう理解できず

この状況が都合が良い人ほど理解しているというのが
この国の有り様です。


それを示すように

子供の貧困家庭の割合が
2010余年現在で6人に一人です

これは次の世代の
約20パーセントが貧困層として
生まれているということです

しかし多くの人は
次の世代をのことを考えていません

この次の世代という抽象的な言葉を使うと
理解できない人が多いので
理解できるような言葉で言うと

あなたの子供が
あなたの子供が生まれながら搾取され続ける

生まれてから死ぬまで搾取され続ける人生を
生まれた時から、死ぬ時まで、決まっている
そういった状況になってきているという事です。


約20パーセントの子供が貧困

これが今意味していること
は悲劇としか言いようがありません

それはなぜかというと


高い給料をもらう仕事
それには、お金がなくては、
その資格が取得できない

本人の努力で解決できない状態


多くの人は、今が格差社会だと思っていますが


格差社会はこれから始まるのです


これから本当に格差が開くのです


そしてそれはやがて固定され
格差固定社会に突入するのです


まさに、これが意味するように


高い給料をもらう仕事
それには、お金がなくては、
その資格が取得できない

本人の努力で解決できない状態



なぜそんなことを話したか

これは選挙の話しと違うじゃないかと
あなたを思うかもしれません

しかしに立候補するのに
お金が必要だということであれば

その人が仮に本気になってお
金をためようと思っても

ワーキングプアというような状態であれば
お金をためることはできません

そのような状態が、ワーキングプアであり
貧困層とは、それなのです。

そしてそのような状態になれば、
仕事を変えることすらできないのです


これから、さらに、多くの人たちが
ワーキングプアになる時代なり


そうなれば
立候補するのに、お金が必要となると
どうなるのでしょうか?

国民の声を反映させた
立候補者は立候補できない

ということは
あなたは、誰をあなたの代理者
あなたは、誰を代表者に選ぶのですか


さらに言及すれば

お金を持っている人
お金を持っていない人

だれでも立候補できるのが
本当の平等ではないですかで

こう言ったことが理解できれば
憲法は機能しておらず
法律も実施率的に機能していないことが
理解できるのではないでしょうか

とにかく立候補するのに
お金が必要だということは論外

それは、先進国ではなく独裁国家なのです。


ただし例外が一つあります
それは外国の人が立候補できないというルールです

これは不平等じゃないか

と思う人もいるかもしれません

しかしこれは差別でも不平等で問題のです

これは本当なら海外では常識的な話しで
この国ならではの話といえます。

説明すると

その国ではない人が立候補できると
その国を支配することができるということです

例えば
1ある国が工作員送り込み

2その国の人間のフリをさせ、

3その国の国民の利益になると選挙では嘘をついて

4当選した時には その選挙で、言った事は、守らなくても
 別に罪に問われないので 
 当選してしまえばいいので
 当選するために何でも言うのです


5そういったことを繰り返せばやがて
 その国の政治を支配し
 それは同時に その国を支配したということになるのです


皆さん ここで気づいてください

この今 説明した一連の流れ

まったく同じような状況が

どこかの国で起きていませんか?

これでもまだ気づきませんか


3番と4番 全く同じ状況が
そして、その前後に 1番2番5番があるのです。

なぜ、終わったことを謝罪し
私達のお金で払い続けるのか

あの国は、もっと凄いことをしたけれど
拒否しているのに

と私は言いたい


で、このような事が起きるので
まともな国なら、
偽名の議員 ペンネームの議員を禁止しており
その国の人間になりすましていないのか
身元を明らかにしているという事です。


■解決策
平等に立候補できるようにする



あなたと
 あなたの大切な人が、
  自由になることを願って

あなたは、どう思いますか
スポンサーリンク7
  スポンサーリンク8
copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.

◆◆◆

お金の作られ方 サタニスト
悪魔崇拝者
イルミナティー.com
Topページ
 イルミナティ ブログ
前のページ
 イルミナティ ブログ
次のページ
イルミナティ ブログ
Topページ

◇◇◇




※イルミナティー.comは、小説の内容でもあり、
あくまで、個人の見解であります。
ご判断は、噂の都市伝説として
各個人の自己責任においてお願いします。

登場する人物 団体は、仮名になっており、
実在する場所 物 人物 団体とは、関係ありません。

また、不適切な表現の指摘 権利者による消去依頼などは、
お問い合わせからご連絡ください。

自己責任の上で、利用規約に同意した上で、サイトを観覧してください。
  copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.