イルミナティ.com
スポンサーリンク2

イルミナティ
 ノストラダムス


ストラダムスの予言の言葉
1999年の7の月
天から恐怖の大王が降ってくる
アンゴルモアの大王をよみがえらせ
その前後の期間 マルスは、幸福の名のもとに支配するだろう


ノストラダムス予言の流行
ノストラダムスの予言が流行ったのは、西暦1990年代

この予言を多くの人々が信じたのか、
ただTVで取り上げられただけなのかは、定かではありませんが
ノストラダムスの予言が流行ったのは、確かです。


問題の西暦1999年には、何も起こらなかったが
西暦1998年~西暦1999年あたりで
しかし、伏線が貼られていて、
マヤ文明の予言も取り上げられていた。


西暦1999年以降に
案の定、マヤの長期暦の終わりにあたる2012年と合わせるように、

ノストラダムスは「カバラ数秘術」という計算法を使っていた
だから、西暦1999年+13=西暦2012年に起こるという事になったのですが、

そもそもマヤの長期暦の終わりにあたる日付は、
2012年12月22日で ノストラダムスは、7の月でした。


そして、最終的な問題である、
2012年12月22日にも何も起きませんでした。
結果として、人々の恐怖を煽っただけだったと言えます。


まるで、イルミナティなのか、何かが、終末論を引き伸ばし
終末論を現実のものにしようとしているようにしか思えません。


あなたには、何が見えたでしょうか?

スポンサーリンク7
 スポンサーリンク8
copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.

◆◆◆

イルミナティ
シンボルマーク
地球温暖化 イルミナティー.com
Topページ
 イルミナティ
人類滅亡説
最後のページ
 イルミナティ
人類滅亡説
次のページ
 イルミナティ
人類滅亡説
Topページ

◇◇◇




※イルミナティー.comは、小説の内容でもあり、
あくまで、個人の見解であります。
ご判断は、噂の都市伝説として
各個人の自己責任においてお願いします。

登場する人物 団体は、仮名になっており、
実在する場所 物 人物 団体とは、関係ありません。

また、不適切な表現の指摘 権利者による消去依頼などは、
お問い合わせからご連絡ください。

自己責任の上で、利用規約に同意した上で、サイトを観覧してください。
  copyright©2013-2014イルミナティー.com all rights reserved.